自らを成長させるツールとして

様々な働き方が推奨されるようになり、自らを成長させることも企業任せではなく自分自身に任される時代がやってきています。
自己研鑽を行うにしてもなかなか時間が取れず、リアルな空間で取り組めない方々が多い中、今後はネット副業などを通じても自分自身で自己研鑽、スキルアップができるのではないかと思います。

様々な研修をインターネット経由で受講することは当たり前の世界になっていますが、あくまでもこれは受け身の研修でしかありません。
場合によってはネット副業で様々な自己研鑽や生きた研修を代替案として受講できることを忘れてはなりません。

例えばクラウドソーシングサイトを考えてみてください。
自分自身が広報や宣伝、営業といったどのような仕事に就いているかによっても大きく変わってきますが、企業が様々な仕事はアウトソーシングするにあたってクラウドソーシング事業車を使うのであれば、自分自身の業務がその市場の中で生かされることがあると思います。
そして、自分自身が企業の中でしか活動していない場合でも、実際に、社外の方々とのコンペや様々な案件をこなすことによってスキルアップを図ることができるのです。

もちろん、そこには当たり前のことながら自らが勤める企業に対して副業を認めてもらうことが重要になってきます。
いかに企業が副業に対してオープンで認めることが傾向として出てきているにしても事前に確認を取る事は必要でしょう。もちろん、自分の職務に関連する副業を行うのであればコンプライアンスの面からも注意点が必要になってきますので。

以上のような注意点はあるものの自分自身のスキルを高めるためにネット副業をうまく使う事は方向性としては今後もどんどん進んでいくことだと思います。

さらに、自分自身のスキルを高めるためにどのような手法を取れば良いか、一般的なネットでの研修を受講、リアルな研修受講、そこに大きくネットでクラウドソーシングの事業者をつうじた仕事を請け負うことと言うことを加えてみても良いと思います。
実際にはこのようなクラウドソーシングの仕事を請け負うことによって収入も得ることができることを考えると一挙両得であるとも考えられます。

まずは自分自身がどのようなスキルを伸ばしていきたいのか、どのようなスキルのレベルにあるのかをチェックするところから棚卸しをしてスタートしてみてはいかがでしょうか。必ずプラスに結びつくことがあると思います。

タイトルとURLをコピーしました